古い角質は落としましょう!

肌のターンオーバーが乱れていると、古くなった角質はどんどん溜まってしまいます。

 

また、角質除去を目指して毎日ゴシゴシと擦るように洗顔をすると
必要な皮脂や角質がすべて洗い流されてしまい、ターンオーバーが
乱れてしまいます。

 

古い角質は落とす必要がありますが、落としすぎもよくないのです。

 

最近では角質は落とさないほうがいいとされていて、角質培養法なども流行っていますが
角質培養をすると、古い角質が溜まってしまい、アクネ菌の繁殖の原因になります。

 

アクネ菌が繁殖すると、ニキビの原因になったりしますので
できるだけ古い角質はおとしてあげる必要があります。

 

古い角質を肌に負担をかけずに落とす方法は、洗顔やピーリングが
一般的となっています。

 

しかしピーリングは敏感肌の人の場合、肌が真っ赤になってしまうことがあるので
あまりお勧めできる方法ではありません。

 

二十年ほいっぷの気になる評価をみてみましょう。

 

ピーリングは肌のターンオーバーを早めてしまうので乾燥しやすくなります。

 

ピーリングはあくまでも最終手段になります。

 

洗顔はたっぷりの泡で洗い流すことが大切ですよ。

 

手で擦ってしまうと、肌に余計な負担がかかってしまいシミやしわの原因になります。

 

泡だてネットでしっかりと泡だてた泡で優しく洗い上げていきましょう。

肌のターンオーバーの周期について

スキンケアについて調べていると、肌のターンオーバーについての記載が
たくさん出てきますよね。

 

ところで、肌のターンオーバーって一体何?って思いますよね。

 

そこで、肌のターンオーバーの周期について調べてみました。

 

肌のターンオーバーとは、肌の新陳代謝で、肌が生まれ変わることをいいます。

 

一般的に、肌のターンオーバーは28日が正常な周期といわれています。

 

皮膚組織は、表皮から始まり、角質層、顆粒層、有棘層、基底層と4つの層になります。

 

基底層から産まれてくる新しい細胞は、徐々に上へと押し上げられていきます。

 

表皮にあがってくる頃には、死んだ細胞となってしまいますが
この死んだ細胞が、角質なります。

 

自然にはがれおちる仕組みになっているのですが、新しい細胞が死に、はがれおちるまでの
周期をターンオーバーと呼んでいるのです。

 

表皮は常に生まれ変わっていると考えられるのですね。

 

肌のターンオーバーは28日周期になりますが、加齢の影響を受けて
周期はどんどん長くなっていきます。

 

40代にもなれば、肌のターンオーバーの周期は45日ほどにまでなってくるので
シミやしわなどの原因となってしまいます。

 

古い角質を早く落としたいからといって、洗顔をしすぎてしまうと
必要な皮脂や角質も一緒に落としてしまうのでよくありません。

 

肌のターンオーバーを乱さないためには、生活習慣や食生活の改善が大切です。